FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尊敬する人2

皆さんシュヴァルという方を知っていますか?

シュヴァルの理想宮
top.jpg


この建物を一人でコツコツ30年近くかけて作っちゃったんですよ。
20歳の頃、「シュヴァルの理想宮」という本を父親に貰い読んだのがきっかけで、ものづくりの道に進もうと思いました。 まさる

facteur1.jpg

フランスの南東部ドローム県にある小さな村“Hauterives”
ここで33年という年月を費やし、フェルディナン・シュヴァル氏は、夢の宮殿造りに没頭する。彼は、建築についての知識は全くありませんでした。また石工の仕事についていたわけでもありません。まだ、車も自転車もない時代。起状の多い、ぶどう畑や牧草地の田舎道を毎日歩き続ける空想癖の強い郵便配達夫だったのです。
ある日、シュヴァル氏は配達の途中で石につまずき転びそうになる。このあと、土に埋もれていたその石を掘り出してみて、石の不思議な形に魅せられてしまうのでした。その オートリーヴの周辺は太古は海底で、地層が古く、奇岩怪石に富む地域ということですが、シュヴァル氏はこの時から、実に27年間、石探し、し続けたのです。仕事を終えると、手押し車を押し、時には5~6キロも歩いて、昼間目星をつけておいた石をとりに行った。やがて彼は、その集めた石を使って、長い間、夢に描き続けていた宮殿を建てることを決意するのです。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。